ハイリスクノンリターン

管理者用

Write | Comment |

カレンダー

10 2017/11 12
2 3
5 6 9
13 14 15 16 17
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

プロフィール

ブログ管理者:

朱霧

趣味:

自作パソコン
 カメラやレンズ収集
 テレカ収集
 水晶収集
 模擬刀・刃物収集
 工具収集
 軽度の車の改造
 砥石収集
 刃物研ぎ
 中度の自転車改造整備

自己紹介:

不良品引当率が高い
 凝り性、没頭しやすい
 収集することを好む
 隙あらば、ネタに走る
 後悔多く精神が脆い
 前言撤回・有言不実行
 ガチャ運は底辺につき

メールフォーム

バナー

GWAVE公式WEB

アーカイブ


ちょっくら悪い癖が

  • 2006/10/26
  • パソコン

    数年前からヘッドホンアンプというものが欲しかったのですが、どれもかしこも高い!
    まともなやつを買おうとすると諭吉さんが数枚も必要です
    話になりません
    ということでずっと買わずにいました

    2週間ほど前にサウンドボードをゲームに適したものSound Blaster X-Fi Digital Audioを買いました
    FPSをやる分にはとてもイイカンジなのですが2chアナログ出力端子が1つしかなく2chのスピーカーとヘッドホンが同時に使えないのでした
    二股プラグを使って2chスピーカーとヘッドホンを使うことをしてましたがボリュームは半分になってしまいます
    おまけにスピーカーとヘッドホンのインピーダンスが違うので音量はかなり異なり非常に不便でした

    そこでデジタル出力を活用する方法を考えました
    となるとヘッドホンアンプが必要となります
    そこでグーグルの登場です
    見つけたのはこれ

    Dr.DAC
    というヘッドホンアンプです
    ヘッドホンアンプとしてはコストパフォーマンスがとても優れてることで有名なものらしいです
    どうやら生産終了したもののようですが一応まだ売っているところはありました。一番安いところでも2万5千ぐらいとかなり高価ですが元は3万は越えているものなのでまぁ安かったかな
    もっとも一回不良品を引き当てましたが


    これはこのアンプに使われてるオペアンプです
    オペアンプ懐かしい単語が出てきましたねw
    Dr.DACがコストパフォーマンスが優れてる点はこのオペアンプ2個を良いものに換えることで良質なヘッドホンアンプになることに由来するらしい
    巷でおすすめされてるOPA627BPというオペアンプを仕入れることに(とはいっても自分でオペアンプと変換ゲタを買ってきてハンダ付けするよりもヤフオクで完成済みのを買う方が安い)
    昔は安かったらしいですがDr.DACなどによって需要が高まり高騰してしまったようです…


    換装後
    2つずつそれぞれに下駄を付けて付け替え
    以下豆知識
    (オペアンプには一つのパッケージに1つのオペアンプが内蔵されている「シングルオペアンプ」と2つ内蔵されている「デュアルオペアンプ」があるのです
    元々ついてたオペアンプはデュアルなのでソケットにつき1個でOKですがOPA627BPはシングルなのでソケットにつき2つ必要です
    そのままではどうやっても装着できないので変換ゲタ(写真のオペアンプの下にある小さな基盤)で2つのOPA627BPを装着させるわけです)

    豆知識終了

    どのくらい音が変わったか…うーんすぐに換えたからよくわかんねw
    とりあえず満足だ


    コメント一覧

    • お名前

    • コメント

    • Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    • パスワード