ハイリスクノンリターン

管理者用

Write | Comment |

カレンダー

10 2018/11 12
5 6 7 8 10
11 13 14 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

プロフィール

ブログ管理者:

朱霧

趣味:

自作パソコン
 カメラやレンズ収集
 テレカ収集
 水晶収集
 模擬刀・刃物収集
 工具収集
 軽度の車の改造
 砥石収集
 刃物研ぎ
 中度の自転車改造整備

自己紹介:

不良品引当率が高い
 凝り性、没頭しやすい
 収集することを好む
 隙あらば、ネタに走る
 後悔多く精神が脆い
 前言撤回・有言不実行
 ガチャ運は底辺につき

メールフォーム

バナー

GWAVE公式WEB

アーカイブ


No Image

随分と遅いな

  • 2018/11/09
  • 自転車

    パイオニアのサイクルコンピューターに新機種が増えます
    SGX-CA600

    Wahooとの共同開発とのことで操作性はマシになっていると思います
    カラー液晶になったのが個人的に大きい
    ベクトル表示がかなり見やすいと見込まれるからだ

    価格は36,800円(税別)と結構なお値段
    発売日がまさかの2019年1月中旬予定
    遅いよねぇ・・・発表自体は9月にあったのに

    恐らくは取り替えると思います

    ブレイスにBR-M8020とBL-T8000

    ブレイスにBR-M8020とBL-T8000

  • 2018/11/03
  • 自転車

    ブレイスのサスペンションも替えたし、BR-M8000からついに4potのXTグレードのキャリパーを入れてみることにしました

    交換したのは以下3点
    キャリパー:BR-M8020
    レバー:BL-T8000
    ホース:SM-BH90-SBLS(ゴールド版)
    レバーは使い回せましたが、3フィンガーのほうが良くね?と常日頃思っていたのでこの機会に取り替えました
    BL-T8000とBR-M8020とSM-BH90-SBLSによる互換性は問題なしとシマノから回答は得ています


    キャリパーのブリーディングの口が外側にあるので7mmスパナが掛けやすくて良いです
    値段的にもうちょっと足せば最上位のBR-M9120買えちゃうぐらい価格差が少ないですが、カラーがちょっと好みじゃないのよねXTRシリーズは


    ホース金具のゴールドは目立つなぁと
    今は廃盤になってシルバーになっていますが通販で注文したらゴールドが来ちゃったから仕方ない


    3フィンガーレバーは狙い通り握りやすいです
    2フィンガーだと少し手を内側に寄せないとやりにくかったのよね


    制動力は少し上がったと思います
    (取り付け直後は全然効かなかったけど、パッドのアタリが付かないとそりゃあそうだよなと)
    コントロール性は多少良くなった感はあるんですがレバー替えちゃってるから3フィンガーレバーのおかげかも知れないしなと
    重たい車体の電動アシストとかE-bikeには4potは良い選択ではないかと思います

    No Image

    パンクしたのだが

  • 2018/10/11
  • 自転車

    ブレイスには耐パンク性能が高いリブモPTにしている
    3000kmぐらい走っていますがパンクゼロ。とても優秀

    さすがのリブモPTも画鋲には勝てなかったようで、後輪の接地面に真っ直ぐぶっささっていました
    カチカチ周期的に異音がするなぁと思ったらコレですよ
    家に帰るまでそのままにしとけば良いのにうっかり抜いたものだからさあ大変

    とはならずに、一瞬シュッと空気が抜けたと思ったらそれ以降抜けることなく普通に漕いで帰宅
    測ったら3barぐらいの安全域を維持してました
    パッチ修理しようとしたらタイヤとチューブがめっちゃ張り付いて酷く苦労しました
    ロードバイクよろしくタイヤパウダーが必要だったようです

    チューブに少し空気を入れて一周を水に浸すも空気漏れがない
    いやいやいや
    チューブが結構パンパンになるぐらい空気を入れたらようやく穴の箇所が判明し修理できました

    タイヤの接地面は異様にぶ厚いし、チューブも多分厚めのやつだと画鋲程度ならこういうこともあるんだなぁと

    装着と見直し

    装着と見直し

  • 2018/09/23
  • 自転車

    届いたライトを装着とともにサイコン系用のブラケットを見直してみました


    新たにブラケット作るのも面倒だったので無加工でネジ類で何とか出来ないかなと思ったら何とか出来た巻
    まさかのレックマウントのブラケットからネジ1本橋渡しで取り付けてあります
    ナイロンナット使っているので緩むことはありませんが、ワッシャーのせいで渋いながらも回すことは出来たりします

    ライト写ってないじゃんと今気がついたが、ハンドル右側に何の工夫もなく取り付けてあるだけなので別にいいじゃろ

    IXON SPACEが届く

    IXON SPACEが届く

  • 2018/09/13
  • 自転車

    B+Mのサイクリング用ライトIXON SPACEがドイツから届きました
    価格は26,000円程度しました


    ブラケットの出来が案外良くて驚きました
    取り付けるときは上から押しつけるだけで固定
    取り外すときはレバーを回せば簡単に外れます

    防雨耐性は結構ありそうです



    電池残量は残り時間と%表示の好きな方を選べます
    光量は8段階あります。任意の光量に調整可能
    写真には撮っていませんが時刻表示も出来ます

    設定(MENU)は電源OFF時に光量最大ボタンと光量最低ボタンの同時押し2秒間です
    (電源OFFでも充電中はMENUに入れません)


    充電はマイクロUSBで行います


    やや上方に光が漏れているような気がします
    基本は水平より若干下向きか、上げても水平まででしょうか


    ブラケット込みで253gでした


    現状空き時間はブレイスに掛かりっきりなのでロードバイクへの取り付けはいつになるのやら
    レックマウントの全体的見直しが始まるし
    ちなみに2.6万円の価値があるの?と聞かれれば残念ながらとしか言えない
    RAVEMEN PR1200でも買った方がコスパ的に優れていると思う

    SR SUNTOUR EPIXONのエアサスに交換

    SR SUNTOUR EPIXONのエアサスに交換

  • 2018/09/08
  • 自転車

    ※9/9追記
    やっぱり写真追加

    ブレイスにエアサスフロントフォークに替える件だが、完成はしました
    真似する人はまあいないだろね(ブレイスのフロントフォークを替えて純正の前カゴとフェンダーを移植する奇特な人なんてねぇ?)

    エアサスフロントフォークはSR SUNTOUR EPIXON RL-R-26です
    26インチタイプでコラムは1-1/8インチ(OS)のストレートコラム、9mmQR

    今時MTBで珍しい規格で段々姿を消しているそうですが、ブレイスにポン付けできるのがこの規格
    SUNTOUR(サンツア)だとこれより上のグレードには用意されていないと思われる
    国内代理店には扱っていないリモートレバータイプ。手元でサスを固定&解除できるタイプです
    写真とは異なりスタンション(内筒)はブラックで他全体的にもマットブラック
    もはや見た目別物だが2018年モデルから変わったらしい?

    下玉押しはもちろん移植。ブレイスのバネフォークでも外しやすいようにミゾ切りされていました
    下玉押しを熱膨張させ圧入するため熱湯に数分入れたのちVP管30とキャップを用いて打ち込み
    スターファングルナットは使わずプレッシャーアンカーを使いました
    ここまでは普通のフロントフォーク交換手順なので造作もありません
    (ブレイスのベアリングってシールドタイプなんだな)


    懸念材料だった前カゴとフェンダー
    フェンダー
    フェンダー上部の金具はEPIXONのアーチにM6ネジ穴があったのでそこに固定

    フェンダーステーはロードバイクで使うために買ったけど取り外したボトルゲージホルダーをフォークの足に取り付けたらやや不格好ながらもギリギリ取り付けできた



    前カゴ
    これが非常に難儀
    スタンション(内筒)が28mmから32mmとぶっとくなったのでブレイス用ブラケット金具は使えない
    ホームセンターに売っていたVP管用のVP25用吊バンド(内筒との接触面は自己融着テープで保護)が絶妙で良い感じに内筒を挟めたのでそれにやってみたんだけど、エアーが無い時点だと底付きの僅か手前で接触することが判明しやめました
    エアーが完全に抜けきることなんてまずないだろうから杞憂だろうけど

    次にブレイス用ブラケット金具の内筒部分をハンドル側に取り付けて、ホームセンターで買ったL形金具を使えば上部はそれで固定出来ました
    カゴの位置は相当前になりましたが別に構わない

    下部の固定だが、クラウン(二股の根本)に穴が空いてないのでキツい
    かといって穴を空けるのもねぇ?リジットフォークとは異なり圧入されている箇所だし
    OSのフォークだしプレッシャーアンカーでクラウン側から取り付けられるんじゃね?としたが実際はクラウン側まではそうなっておらず穴が細くて(内径20mmしかない)入らなかった

    内径的にロードバイク用のハンドルエンドキャップがちょうど良さそうだが、通常のエンドキャップを留める以上の固定力が必要
    ODI アルミ タフプラグというのが臼式固定で非常に具合が良さそうだったので買ってみたが、良い感じにいけそうだった。臼式で固定力は抜群だしキャップは曲面ではなく凹み状ではあるが板置いても安定しているのでアルミの板をそのまま共締めできるわけでね


    アルミの板でブラケットを作って下部はそれでいけました



    エアサスフロントフォークへの交換は絶大
    乗り心地の向上、何か制動力が上がった気がする、フルブレーキしてもシャリシャリ音が殆どしなくなった

    登りでサスロックさせたい場合もリモートレバーで容易に可能
    良いことしかないわ
    メンテナンス性と軽量化を取ればリジットフォークですが、欲しいのは快適性なんだ

    これなら前に諦めた4potディスクブレーキにしても十分性能を発揮できそう
    次はこれだな
    しかしブレイスの純正前カゴはホント縦が短いからカバンぐらいしかまともに入らん

    No Image

    お、発送された

  • 2018/09/06
  • 自転車

    Busch + Müller IXON Spaceを注文して7か月弱
    bike24だと今でも即納状態ですが、やっと私が注文したサイトでも発送されたようです

    さあドイツからDHLで何日掛かるのか
    基本は2週間ぐらいで10日なら早い方だったかな

    2.6万円弱も掛かってるからなぁ。Paypalだからとっくに請求引き落としされてるわけでな
    果たして割に合うのか合わないのか
    またステーの見直しと制作が始まるのか。今度は横長設置になりそう
    正直DIYしてるときはストレス解消になっているのでいいんですけどね