ハイリスクノンリターン

管理者用

Write | Comment |

カレンダー

12 2018/01 02
3 5
8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

プロフィール

ブログ管理者:

朱霧

趣味:

自作パソコン
 カメラやレンズ収集
 テレカ収集
 水晶収集
 模擬刀・刃物収集
 工具収集
 軽度の車の改造
 砥石収集
 刃物研ぎ
 中度の自転車改造整備

自己紹介:

不良品引当率が高い
 凝り性、没頭しやすい
 収集することを好む
 隙あらば、ネタに走る
 後悔多く精神が脆い
 前言撤回・有言不実行
 ガチャ運は底辺につき

メールフォーム

バナー

GWAVE公式WEB

アーカイブ


No Image

出来たっぽい

  • 2017/12/12
  • パソコン

    先日のコレ、IPV4overIPV6接続についてですが
    バッファローで対応している無線ルーターを買ってきました
    無線機能は設置済みのNECの無線ルーターに任せているのと少しでもフリーズや熱暴走させないために全て無効にしていますがね

    プロバイダーにてV6プラスに申し込んであることを確認(会社によってはV6プラスで申し込んだのにIPV6接続オプションになってて一定期間内にV6プラス接続をしないと強制的にIPV6接続オプションに固定されるところもある)
    バッファローの対応無線ルーターの設定にて、IPV6欄のIPV6接続方法の2番目「インターネット@スタートを行う」「バススルーを認可する」にチェックを入れる
    (PPPoE接続設定は一切行わないこと。プロバイダーより教えられるネット接続のためのIDやPWも一切不要)
    バッファロー設定画面最上部にある5つマークがあるうちの左から2番目の円に格子(地球?)マークをクリック
    Internet回線判別中という画面になる
    1、2分ぐらい経つとV6プラス接続を検出という画面に切り替わるので進む
    準備中の画面になった後、そこから数分経つと接続成功ですとなり設定完了する

    普通のサイトで表示できていれば完成
    PPPoE接続でネットワークIDとPWを入力していないのだから普通のIPV4で繋がるわけがない
    IPV4overIPV6接続が出来ているって事ですね
    より確かに調べたいのならipv6testにてIPV4とIPV6が接続できているかチェック
    IPv4のHostnameに.v4.enabler.ne.jpという記述があればIPV4overIPV6接続出来ています

    ちなみに私のネットプランだと下り200Mbps、上り100Mbpsなのですが、速度を調べるとどのサイトでも下りが300Mbpsは出ており上限突破しているので尚のこと間違いないでしょう

    No Image

    RTX810ではMAP-Eには対応していない

  • 2017/12/08
  • パソコン

    今年の春頃からだったか、夜間のインターネットの速度が劇的に落ちるようになりました
    フレッツ光では殆どの場合で起きている現象です
    NTTが回線増強してくれれば解決できるらしいが簡単にはいかない模様

    フレッツ光のままでユーザー側の対処方法として、IPV6サービスに申し込んでルーターで設定し対応すること
    これでIPV6に対応したサイトでは比較的快適になります
    まあ世の中の殆どはIPV6に対応しておらずIPV4のままなんですがね

    IPV4を空いているIPV6を経由させて快適にする方法があるそうです
    MAP-EとDS-Liteという方式だそうです


    DS-LiteであればYAMAHAのルーターRTX810でIPV6へ対応させた上で以下のコマンド
    tunnel select 1
    tunnel encapsulation ipip
    tunnel endpoint address 2404:8e00::feed:100
    ip tunnel mtu 1500
    ip tunnel tcp mss limit auto
    ip route default gateway tunnel 1

    を打ち込めばOKらしいです(NTT東日本エリア用設定)
    セキュリティの関係上フィルター設定を追加したほうがよいらしい


    ところが契約しているプロバイダーによってMAP-Eな場合があるようです
    まあ私のところがそれだったようで・・・
    そうなるとYAMAHAのルーターではMAP-Eには対応していないのでどうやっても出来ません
    (ip route default gateway tunnel 1でIPV4サイトへのアクセスが一切出来なくなります)

    MAP-Eに対応させるには別途対応したルーターかホームゲートウェイが必要なようです
    ひかり電話の契約ではないのでホームゲートウェイは持っていません
    対応ルーター(バッファローとIOの一部機種)を買えばRTX810が無駄になるが使える様子。でもどの機種もフリーズやら熱暴走やらの報告がちらほらあって安定してないという話

    契約しているプロバイダーがどちらか調べるには、IPV6に接続できる環境でipv6testで接続環境をテストしIPv6 connectivity欄のISPが、
    Jpne系ならMAP-EでMF系ならDS-Liteとのこと



    ここまで理解するまでえらい時間を無駄にしちまった

    No Image

    Hello Windows10

  • 2017/11/08
  • パソコン

    あれこれ弄りすぎてちょこちょこと調子が悪かったWindows7
    気が向いたので再セットアップでも良かったんですが、どうせならってことでwindows10 proを導入することにしました
    ハードウェアは更新していないのでいまだにCorei7 2600Kという化石になりつつある構成のままです

    さすが新しいOSだ。セットアップ画面で音声案内が出るぞとかあっさり終わる
    普通に個人が使うならばproを選ぶ理由は全くないそうです
    気分的になんとなくだよなんとなく

    当分の間は操作に慣れないといけないね

    お、PUBG起動するぞw

    No Image

    びっくりするわ

  • 2017/06/01
  • パソコン

    スリープから復帰したらSSDの一つ(C300 128GB)が突然認識されなくなりました
    再起動するもUEFI上でも認識されておらず焦りました
    シャットダウンして何もせずただ数分待ったのち立ち上げたら認識してくれました
    原因は不明
    健康状態をみたが95%になっていましたがまだ寿命レベルじゃないかと

    No Image

    殆ど直ったようだ

  • 2017/04/14
  • パソコン

    電源を取り替えてから、スリープ復帰ミスは激減しました
    極稀にモニターなのかビデオカードかわからないがモニター映像出力されずにリブートすることはあるが電源が落ちてからのリブートでは無い
    さらに起動中の突然ブルーバックKP41エラーは完全に消えました(LLC(Load Line Calibration)とCPU電圧は不具合が多発する前の設定に戻しました)

    8年もというか数年前から多少調子が悪かったが死ぬことはなかったのでずっと使い続けていましたが、こういうところで劣化具合が現れていくんだなと
    でも突然死がないのでとても優秀な電源ユニット(Seasonic M12D SS-750EM)でした

    取り替えたSeasonic SS-760XP2Sも同じぐらい長持ちしてくれるといいですね


    PCケースをOWL-602DIVに換えてからとなりに鎮座している液晶モニターの温度が下がりました
    このケースにはHDD用ファンの排気口があるのでそこからの空気がモニターに当たるようになったので

    電源とPCケースの交換

    電源とPCケースの交換

  • 2017/03/12
  • パソコン

    8年ちょっとぶりに電源(Seasonic M12D SS-750EMから)換えました
    Seasonic SS-760XP2S



    新しいPCケース、といっても10年以上前に発売されてた代物なので中古ではあるんですがオウルテックのOWL-602DIVの中古が手に入ったので、8年以上使っていたしいい加減切り替えどころだろうということでケース換装のついで

    冬季のスリープ復帰ミスがなくなってくれればいいんだけど
    少し前に起動中の突然ブルーバックKP41エラーが多発していたがLLC(Load Line Calibration)とCPU電圧を少し上げたら直りました
    でもスリープ復帰ミスのKP41エラーは直りませんでした
    電源に原因があれば交換したことで直るが直らなければメモリーかマザーボードに原因があるのかもしれない


    OWL-602DIVはE-ATX規格対応の準タワークラスのPCケース
    OWL-602DIIIと比べ寸法は奥行きが70mm増えるだけですが
    これで大型のビデオカードでも使えるようになります。まあ買うかどうかは知りませんが
    ストレスが掛かりまくっていたSATAケーブルがストレスフリーになったのが気分的に良いです
    HDD取り付け用のプラ製ブラケットの旧型とはいえストックが大量に増えたのが地味に嬉しい

    今時5インチベイが4つ、3.5インチベイが2つ、3.5インチシャドウベイが5つ以上っていう条件にあうPCケースって無いんだよね~
    5インチベイと3.5インチベイは今は殆ど使われなくなったからだけど
    この二つを重視するなら古いタイプのケースじゃないとね
    古くてもマザーボードの規格は変わっていないので収めることは可能です
    まあ配線処理とか水冷化は考えられていない時代なのでそこに拘るなら最新のケースじゃないとね
    (602DIVなんてIDEケーブル全盛期時代のケースだし)


    まーたやらかした

    まーたやらかした

  • 2016/09/13
  • パソコン

    さてベンチで比較としたかったがまたGTX670でまともなベンチをし忘れて売り払ってしまった
    (7500円で売れましたが今時これ買う人いるんかな?店が売るときは1万円超えるだろうし)

    さてやってないものはしょうがないので、前と同じようにタイムリープベンチ
    設定は前回と同様


    HD6870 115FPS


    GTX670 144 FPS


    GTX1060  183 FPS


    まあこんなもんでしょう
    CPUとか根幹部分の構成は全部同じなので純粋なビデオカードの比較になりますかね
    っていうかCPUやマザー等取り替えたのが2011年だが、あれから変わってないのか・・・しかも2600Kの定格だぜ?