ハイリスクノンリターン

管理者用

Write | Comment |

カレンダー

10 2017/11 12
2 3
5 6 9
13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

プロフィール

ブログ管理者:

朱霧

趣味:

自作パソコン
 カメラやレンズ収集
 テレカ収集
 水晶収集
 模擬刀・刃物収集
 工具収集
 軽度の車の改造
 砥石収集
 刃物研ぎ
 中度の自転車改造整備

自己紹介:

不良品引当率が高い
 凝り性、没頭しやすい
 収集することを好む
 隙あらば、ネタに走る
 後悔多く精神が脆い
 前言撤回・有言不実行
 ガチャ運は底辺につき

メールフォーム

バナー

GWAVE公式WEB

アーカイブ


PENTAX K-x

  • 2009/09/17
  • カメラ関連雑記

    数日前からPENTAX K-mの次機種の噂が立っていましたが本日発表されました


    PENTAX K-x


    ホワイトとレッドが追加されたのかーと思いましたが
    どうやら

    カラーシミュレーター

    オーダーカラーとして20種類の本体カラーと5種類のグリップカラーが選択できるとか
    ちょww前代未聞すぎwww


    スペックですが
    ライブビューや動画対応ということでCMOSセンサー(1240万画素)
    画素数から恐らくはソニー製のCMOS(ソニーとかニコンで使われている)かも
    感度は最大ISO100~12800使用可能
    ファインダーは当然ながらミラータイプで視野率は約96%の倍率0.85
    背面モニターは27型の23万ドットと残念仕様
    AFのポイント数(測距点数)は11点ですがK-7とは違いマイナーアップ前の物
    スーパーインポーズ(赤く光る点)はなし
    ダストリムーバルは従来と同じ物で超音波式ではない
    シャッタースピードは1/6000対応で秒間4.7コマ対応
    バッファはJpegは17コマまで、RAWは5コマまで
    電池はやっぱり単三電池
    外部マイクは尽きません
    長秒時ノイズリダクションでは30秒を越えると自動で作動する

    ケーブルレリーズには相変わらず未対応のようです
    リモコンの操作性も従来と同じようでバルブモードはずっと押しっぱかな
    ここはK-7式にして欲しかったねえ


    K-mとの大きな違いは
    •有効画素数12.4M CMOS撮像素子
    •ライブビュー撮影(コントラストAF、位相差AF選択可能)
    •1280x720P の動画撮影
    •最高約4.7コマ/秒で最大17コマまでの高速連写
    •常用ISO6400、拡張ISO 12800までの超高感度撮影
    •レンズ収差補正可能
    •HDR、多重露出撮影

    本体の大きさはK-mと変わらずに10g軽量化されました


    キットレンズの望遠レンズのほうですが
    smc PENTAX-DA L 55-300mmF4-5.8 EDへ変更
    元となっているsmc PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8 EDは評判の良い廉価ズームレンズなので物は良いでしょう


    あと地味にハンドストラップをホワイト・レッド・ブラックで出すようですね

    良くも悪くもK-mの後継機って感じで、機能は大幅に追加されエントリー機としては4.7コマはよろしいかと思います
    ただしスーパーインポーズが未搭載とかケーブルレリーズが使えないとかいろいろ不便なところは相変わらずのようです


    コメント一覧

    • お名前

    • コメント

    • Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    • パスワード