ハイリスクノンリターン

管理者用

Write | Comment |

カレンダー

09 2017/10 11
2 3 5 6
9 10 11 12 13
16 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

プロフィール

ブログ管理者:

朱霧

趣味:

自作パソコン
 カメラやレンズ収集
 テレカ収集
 水晶収集
 模擬刀・刃物収集
 工具収集
 軽度の車の改造
 砥石収集
 刃物研ぎ

自己紹介:

不良品引当率が高い
 凝り性、没頭しやすい
 収集することを好む
 隙あらば、ネタに走る
 後悔多く精神が脆い
 前言撤回・有言不実行
 ガチャ運は底辺につき

メールフォーム

バナー

GWAVE公式WEB

アーカイブ


ゲイン調整・TS-D1720Cのまとめ

  • 2012/02/19
  • 三菱アウトランダー

    ゲイン調整だがわけわかめだ
    一般的にアンプのゲインは最低にしたうえでヘッドユニット(ここではMMCS)のボリュームを最大値から8割に上げて普段聞く音量になるようにゲインを上げていくそうだ

    MMCSのボリューム最大値は45
    8割としても36程度でゲイン最低にしても普段聞くよりもかなり大きく聞くに堪えないのだが
    恐らくこれはRCAによる入力に当てはまることで、スピーカーライン入力だとこの方法は適さないのだと思うことにして、別の方法で調整しよう


    しかしまあ随分とTS-C1710Aと比べアンプの有無はあるがここまで変わるものだなと感心する
    定価で言えば少なくとも1万は安いのにTS-D1720Cのコストパフォーマンスは異常すぎる
    ただし見た目としてはTS-C1710Aに比べミッドの出来は安っぽい

    しかし低音はかなり出る・中音もしっかり出る
    ツィーターは-3db下げてることもあるがキンキン刺さることもなくマイルド
    私の評価としてもTS-D1720Cを使った後では、とてもTS-C1710Aを使う気がしなくなった
    世間での評判もTS-C1710Aを凌駕するのも納得できる
    (TS-V171Aもという話もあるがそれは吹っかけすぎだろう)

    これでもTS-C1710Aも最初はコストパフォーマンスに優れて安いなぁと思ったのだがね
    その代わりポン付け出来るのがこいつの最大の魅力か
    TS-D1720Cにはケーブル類やコネクターはないから別途用意するか、改造するか、いっそのこと私のようにケーブル張り替えかとなる
    クロスオーバーネットワークがそれなりに大きいためドアと内張の間に取り付けらないことがある
    まさか水の浸入のあるドア内部に入れるなんて事は・・・やめておくが吉


    スピーカーケーブルはカナレの4S6Gを使いました
    理由としては共にホーム用ながら安く評価も良いから
    4芯スターカッド構造で外装と絶縁被覆の2層、そして間に防護用に紙と糸で巻かれているで耐久性も悪くないと思われる
    念のため無酸素銅を使っているGタイプにしています。これでもメーター200円もしない
    このスペックで25m注文して4,000円でおつりがくるんだぜ
    でも自動車用に加工されている専用ケーブルで安心を買いたいならそちらをどうぞ
    1mで500円オーバーはしますがね


    ----------------------------薀蓄----------------------------
    前回の薀蓄の続き
    ではアンプからスピーカーケーブルにどのくらいの電圧で電流が出ているか計算してみるか
    D6400の出力は1chにつき最大150W(4Ω) もちろん交流な
    (実際は常時最大まで出せるわけではないが最大値で計算)

    その場合の電圧は√(150W×4Ω)=24.5V

    電圧が分かったので電流は150W÷24.5V=6.1Aとなる

    電流値が分かったのでスピーカーケーブル径の下限は22AWGとなる(これはケーブルの許容電流量をググって調べて頂戴)

    ただしケーブルの引き回しの長さやマージンを考えて電流値の倍はあったほうが良いと考える
    つまり6.1×2=12.2Aに耐えられる19AWG程度の太さ以上なら問題はでないと思って良いだろう
    カナレ 4S6Gだと0.5sq(20AWG)だがスターカッドケーブルなので2本1組で使うため1.0sq相当(17AWG相当)となりかなり余裕ということだ


    では今度はブリッジ接続した場合の電圧と電流を求める
    D6400の出力をブリッジ接続にした場合1chに付き最大400W(4Ω)である

    その場合の電圧は√(400W×4Ω)=40V

    電流は400W÷40V=10A

    以上からスピーカーケーブル径の下限は20AWG

    余裕をみて10Aの倍のマージンを与えるとすると20A、16AWG以上であれば問題はでないだろう
    カナレで言えば4S6ではやや不安だがそんなに長く引き回さないなら大丈夫だろう
    もちろん4S8であれば余裕過ぎるだろう


    ここでは使わないが最大1000Wのアンプだとどうだろう
    4Ω駆動だと√(1000W×4Ω)=63.25V
    電流は1000W÷63.25V=15.81A
    1Ω駆動だと√(1000W×1Ω)=31.62V
    電流は1000W÷31.62=31.63A

    最大2000Wアンプだと
    4Ω駆動だと√(2000W×4Ω)=89.44V
    電流は2000W÷89.44V=22.36A
    1Ω駆動だと√(2000W×1Ω)=44.72V
    電流は2000W÷44.72=44.72A


    さすが1Ω駆動だとやべえな。倍のマージン取ったら1000Wでも9AWG以上か

    ----------------------------薀蓄終了----------------------------



    残すはレアルシルトやレアルシルト アブソーブを使ってデッドニングすることだけだ

    外したTS-C1710Aはヤフオクに出そうかなと思いましたが弟がリア用にミッドが欲しいというのであげました
    ツィーターは知り合いにあげるとか何とか
    さらに8m近く余っていたカナレ4S6Gもあげましたがほぼ全て使われました
    ついでにそのリアスピーカーへの取り付けを手伝わされました
    2人でやると3時間程度で終わるのな。1人だと倍以上かかるからな


    コメント一覧

    • お名前

    • コメント

    • Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    • パスワード